【12/11 (月)九大 伊都キャンパス特別上映と講演 】

九大箱崎キャンパスではロケ地としても先生方や事務の先生方に大変お世話になりました。

大変ありがたい事に九州大学言語文化研究院の中里見敬先生にお招き頂き中国語字幕版を日本初特別上映・講演を行います。

中里見先生にはfacebookでも温かいご感想とご批評頂いています。ぜひご参照ください。

一般無料公開です。ぜひお越しください^ ^

12/11(月)16:40より、

九州大学 伊都キャンパス 伊都センターゾーン
2号館4階 2407教室にて

http://flc.kyushu-u.ac.jp/cms4/

『ある女工記』(2016,57分,中国語字幕) の特別上映

講演「地域文化を世界へ発信 ~『ある女工記』をプロデュース」(報告; 西谷郁)

参加費無料 一般公開

主催 九州大学 言語文化研究院 「外国語週間」
http://flc.kyushu-u.ac.jp/cms4/
協力 映画「淫売婦(仮)」製作委員会

お問合せ info@jyokoki.com

10月8日(日)北九州特別上映会

  • 投稿日:
  • by

北九州ロケ作品「ある女工記」特別上映会

 

 このたびロケ地となった北九州の小倉昭和館様で地元特別上映会を開催します。上映会では、児玉公広監督の舞台挨拶や北九州で出演していただいた地元の出演者の方々とのトークも行います。万障お繰り合わせの上奮ってご参加下さい。

 

<上映作品> 2作品、66分。

(1) 『ある女工記』(57分,2016)

【予告編】https://youtu.be/ZmfpFxN9qqk

コルカタ短編国際映画祭2016特別賞、インディアン世界映画祭2017特別賞、ニース国際映画祭2017公式作品、マドリード国際映画祭2017公式作品、ロシア マイコープ国際映画祭2017公式作品ほか

(2) 『葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」』(9分,2016)

【予告編】https://youtu.be/l-dw1oneb8w

インドネシア 環境・健康・文化国際映画祭 優秀作品賞、ロシア マイコープ国際映画祭2017公式作品ほか

主催:映画「淫売婦(仮)」製作委員会    共催:北九州市民映画祭spin off

協力:北九州フィルムコミッション

日時:2017年10月8日 日曜日 19時上映開始。18時30会場。

  20時20分 監督・スタッフ・キャストによるトーク(30分)。

       児玉監督や北九州の出演者の皆様。

  20時50分イベント終了予定。

場所: 小倉昭和館 2号館  (802-0006 北九州市小倉北区4-2-9  Tel:093-551-4938)

参加費: 1,000円均一 (12歳未満は入場無料)

ご予約・お問い合わせ: info@jyokoki.com  090-3417-5709(製作;西谷 にしたに)

※ご予約とご入場は先着順、自由席です。 定員100名になり次第締め切らせていただきます。

詳細は逐次公式ホームページやfacebookでお知らせします。

公式facebook  https://www.facebook.com/jyokoki/

関東方面 自主上映のお知らせ

日時 : 2017年7月22日(土) 料金:1,000円均一

①  14:30~15:30

②  16:45~17:45

③  19:00~20:00

 ※ 各回とも主演の清水尚弥さん、児玉公広監督の舞台挨拶があります。

 ※ 料金は当日受付にてお願いします。

 ※ 入場は各回とも上映開始15分前を予定してます。

 ※ お席は先着順で自由席です。

 ※ 定員 40名になり次第締め切ります。

 

☆ご予約・お問い合わせ : info@jyokoki.com  

場所 :  光塾  渋谷区渋谷3-27-15 光和ビル地下1階

http://hikarijuku.com/

:東急線、東京メトロ(副都心線、半蔵門線)16番出口徒歩5分。16番出口を出たら、明治通りをそのまま恵比寿方面に約200m直進、次の歩道橋のある角を右折。橋を渡り、渋谷三丁目郵便局の隣りのビル(1階はドトール)。

:JR渋谷駅 新南口徒歩1分 JR渋谷駅からは外に出ず、埼京線への乗り替え連絡通路で新南口に出ると便利です。

朝日新聞朝刊に掲載

2017-02.jpg

1月27日の朝日新聞朝刊に掲載していただきました。
ありがとうございました。
1/28・3/25の11:00~と13:00~に「ある女工記」を上映、
14:30~15:30までシンポジウムを開催します。

舞台挨拶もありますのでふるってご参加ください。

西日本新聞朝刊に掲載

201701.jpg


児玉公広監督の記事が1月24日の西日本新聞朝刊に掲載していただきました。
ありがとうございました。
1/28・3/25の11:00~と13:00~に「ある女工記」を上映、14:30~15:30までシンポジウムを開催します。

舞台挨拶もありますのでふるってご参加ください。

福岡市総合図書館シネラで上映決定!

『ある女工記』の上映が福岡市総合図書館シネラにおいて下記の日程で上映会が行なわれます!
 
  
2017年1月28日(土)
1回目 11:00~ / 2回目 13:00~
観覧料:1,000円 (※12歳未満は無料)
シンポジウム 14:30~15:30(無料)
※1回目 11:00の回に劇団ショーマンシップ座長の仲谷一志さんと劇団員の皆さんが、1回目と2回目の上映前に山本由貴さん(堺真柄役)児玉公広監督が舞台挨拶予定です。
 
 
2017年3月25日(土)
1回目 11:00~ / 2回目 13:00~
観覧料:1,000円 (※12歳未満は無料)
シンポジウム 14:30~15:30(無料)
※シンポジウムには、波潟剛先生(九州大学・近代文学)と矢野寛治先生(コピーライター・映画評論家<中洲次郎>)児玉公広監督がパネリストとして登壇します。
 
▼詳細はコチラ
http://artlier.jp/events/detail1387.html
 
ぜひ周囲の皆様にもお知らせいただければ幸いです。

1387_2_m.jpg

poster.jpg


アジアフォーカス福岡国際映画祭2016
『ある女工記』は「福岡パノラマ①」にて公式上映されます。
 
本作は福岡フィルムコミッションからご支援頂き、九州大学箱崎キャンパスで撮影しました。
北九州フィルムコミッション、京築フィルムコミッション 支援作品。
日時:9月24日(土)12:30からのプログラムの13:00ぐらいからの上映です。
 
12:30からは天神アピチャッポン・プロジェクト(tap)上映の後に、続いて13:00ごろから『ある女工記』が上映されます。
場所:ユナイテッドシネマ キャナルシティ博多 5番スクリーン

▼アジアフォーカス イベント情報
http://www.focus-on-asia.com/events/

▼アジアフォーカス スケジュール
http://www.focus-on-asia.com/schedule/

▼予告編
https://vimeo.com/178293248
 
映画祭チケット半券提示で入場無料です。
今後も福岡県内はじめ全国で上映を計画しております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

jyokoki0526.jpg

 
2014年5月下旬 福岡県みやこ町出身の小説家、葉山嘉樹の短編小説「淫売婦」を初めて映画化するプロジェクトがスタートし、「ある女工記」というタイトルで、2015年夏にみやこ町、築上町、行橋市、田川郡赤村、北九州市、福岡市で撮影を行い、この度、地元のみやこ町で特別試写会を開催することとなりました。これも地元の皆様のご理解とご協力を頂いたお陰であると心より感謝申し上げます。まことにありがとうございます。
さて、この度の特別試写会では、「ある女工記」と「葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』」を特別試写し、あわせて葉山嘉樹先生の専門家の先生や児玉公広監督を交えてのシンポジウムを開催します。
主演の清水尚弥さん、中村朝佳さんお招きし舞台挨拶を行います!
どなたでも参加できる企画です。万障お繰り合わせの上奮ってご参加下さいますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

 
日時:2016年6月11日(土)

 
【1回目】13:00~ 映画の試写会のみ
「ある女工記」「葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』」上映 (約70分)
 
【2回目】15:30~ 映画の試写会とシンポジウム
「ある女工記」「葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』」上映 (約70分)
 17:00~ 葉山嘉樹と京築文化シンポジウム
 18:00  閉会
 
 
場所:みやこ町総合文化センター サン・グレートみやこ
   〒824-0822 福岡県京都郡みやこ町勝山黒田86-1
   TEL 0930-32-5540  http://goo.gl/HaUYsi
   
 
参加費:1000円  ※ 要事前予約
 
 
【予約連絡先 お問い合わせ】
 info@jyokouki.com へ下記をお知らせください。
 先着順により定員に達した場合、締め切らせていただきます。
 1) お名前 2)お電話番号 3)枚数
 4)ご希望の時間 ①13時か? ②15:30か?
 
 
【お問い合わせ】
 映画「淫売婦(仮)」製作委員会事務局 info@jyokouki.com