6月2日 中津川 特別上映会

  • 投稿日:
  • by

葉山嘉樹ゆかりの地・中津川「ある女工記」

特別上映会

 

 

 葉山嘉樹とゆかりが深く文学碑がある・岐阜県中津川にて特別上映会(共催:中津川映画祭)を行います。

 落合ダムが一望できる広場に、葉山嘉樹の「馬鹿にはされるが 真実を語るものがもっと多くなるといい」という言葉が刻まれた文学碑がある。大正末期、一労働者としてダムの建設にかかわり代表作である『セメント樽の中の手紙』を執筆した。

 上映後に児玉公広監督の舞台挨拶とトークを行います。
 万障お繰り合わせの上奮ってご参加下さい。

  

 『ある女工記』(57分,2016)

【予告編】https://youtu.be/ZmfpFxN9qqk

コルカタ短編国際映画祭2016特別賞、インディアン世界映画祭2017特別賞、ニース国際映画祭2017公式作品、マドリード国際映画祭2017公式作品、ロシア マイコープ国際映画祭2017公式作品ほか

 

『葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」』(9分,2016)

【予告編】https://youtu.be/l-dw1oneb8w

インドネシア 環境・健康・文化国際映画祭 優秀作品賞、ロシア マイコープ国際映画祭2017公式作品ほか

主催:中津川映画祭 実行委員会   共催:映画「淫売婦(仮)」製作委員会

日時:2018年6月2日 土曜日 

場所:にぎわいプラザ B1ホール ①11:00~ ②13:30~ 

   508-0032 岐阜県中津川市栄町1-1 にぎわいプラザ 

参加費: 1,000円均一 (シネマ栄座会員は無料)

ご予約・お問い合わせ: info@jyokoki.com  090-3386-1890

公式facebook  https://www.facebook.com/jyokoki/

 9:30~10:30 落合発電所となりの文学碑見学 (予約制 090-3386-1890 中津川映画祭)

 11:00~12:05 『ある女工記』1回目 上映

 13:00~13:20 児玉公広 監督の舞台挨拶

 13:30~14:35 『ある女工記』2回目 上映

 14:40~15:30 上映後のトーク